ブロガー🔰が爆速⚡ブログを書く

【保存版】世界遺産クスコのガイド情報

ペルー・クスコのプラサデアルマス

こんにちは、南米ペルー在住の素人ブロガーです。
今日は、かつて「世界のへそ」といわれていたクスコという町をご紹介します。
ちなみにスペイン語では、”El Ombligo del Mundo”

onmbligoが「おへそ」
mundoは「世界」
deは「の」del はmundoが男性名詞なので冠詞のelと合体してdelとなります。de elにはなりません。
Plaza de armas

クスコという街

世界遺産、新世界七不思議の一つ、そしてペルー最大の観光地としても有名な空中都市マチュピチュ。
そこに行くためには普通、必ず通る町、それがクスコです。
日本の都市で例えると京都になります。
その心は、古都、外国人観光客で賑わっているなどの共通点があるからです。
高度が3,399mもあるため、酸素が薄く高山病になることがあります。
順応するために先にマチュピチュまで移動してマチュピチュの観光から先に楽しむという方法もメジャーなようです。

ミラドール(展望台)からのクスコ

観光地

色々と行くべきスポットがありますので、一部メジャーなところのみご紹介します。

中央広場

まずは、中央広場(plaza de armas)でしょう。

教会などの古い歴史ある建造物、雰囲気が楽しめます。
そして、クスコの景観を守るため店のロゴはモノトーン。
スタバもマクドナルドもケンタッキーも色が付いていません。
法律で決まっているそうです。
確か、京都にもそんな条例があるそうです。
プラサに行くと観光案内所もありますし、観光用の市内観光バスが

中央広場

展望台(白いキリスト)

スペイン語でmirador
クスコには他にミラドールといわれているところがあるので
白いキリスト像(cristo blanco)といった方がいいでしょう。
プラサから出る市内観光バスでもコースに入っています。
タクシーだと4-5ソルくらいが相場です。
ペルーではタクシーの値段は事前交渉なので6ソルとかいわれたら「ノーグラシアス」とはっきりと乗らない意思を表しましょう。
乗り合いバスで70センティモスで行くこともできます。
クリストブランコ

民芸品市場

https://flic.kr/p/PS5PV1

(Sentro Artesanal Cusco) Tullumayo
色鮮やかな民芸品が並んでいます。
日本人観光客にはふっかけてきますので、ここは値下げが基本です。
他の店と同じ商品を見つけて、値段を比べてどんどん値切りましょう。

マチュピチュの記事
観光のスペイン語の記事

関連記事